運用システムについて

銘柄の選定は?

銘柄の選定は?

運用の次なるプロセスとして、投資の根幹である対象銘柄の選定です。四季報や雑誌などの「期待銘柄」などを鵜呑みにしてはいませんか?あるいは、アナリストの見通しを過信してはいませんか?例えば1ヶ月先の予測でさえ、今回のコロナしかり、自然災害しかりで読みは大きく外れます。要は、上記の選定方法では当たるも八卦当たらぬも八卦です。
本トレードシステムでは、あらゆる上々銘柄に対応し、PF=2以上のロジックに基づき確率論的に銘柄を選定し運用することを可能としています。

パッシブ運用なのか?アクティブ運用なのか?

具体的には、パッシブ銘柄(≒大型銘柄・ディフェンシブ銘柄)なのか、アクティブ銘柄(新興銘柄)なのかと言う選択。
パッシブ銘柄とは、運用目標とされるベンチマーク(国内株の場合、TOPIXや日経平均株価など)に連動する運用成果を目指すタイプで、インデックス運用とも呼ばれます。一方でアクティブ銘柄とは、運用目標とされるベンチマークを上回る運用成果を目指すタイプです。
本トレードシステムでは、一定の運用指針に基づき銘柄の入替えと売買を繰り返し、高い収益を狙います。なお、少額時には運用効率の高いアクティブ銘柄を中心に運用し、資金量が多くなり「利益速度<安定性」を狙う場合にはパッシブ銘柄の選択が目安となり、これもマニュアル記載に準じます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. システムの運用パフォーマンス

  2. システムのご提供について

  3. それでも株は投資の王道

  4. システムの概要・理論

  5. システムの使い方・運用の流れ

PAGE TOP

銘柄ピックアップ

【6762】TDK

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/7/28(水)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【9022】東海旅客鉄道

運用システムについて

システムの概要・理論