運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

参考スペック

マニュアルに準じ4本値を入力することで、下記のような損益曲線をご確認頂けます。出来高が多く値動きが緩い大型株、株価が小さくボラティリティーの高い新興株では値動きの特性・性質が異なり、通常ではそれぞれのロジックにてシステムを組むのが一般的です。
しかしながら本トレードシステムでは、後述の通り株価レベルや銘柄ごとの値動きのクセ、そして出来高が万が一小さくなってきた場合の値動き傾向をプログラムが柔軟に吸収し、様々な銘柄に対応します。

参考まで、下記の損益グラフは「(4751)サイバーエージェント」を代表して載せておりますが、現在も右肩上がりの運用パフォーマンスを維持しております。

【参考銘柄】 (4751)サイバーエージェント
【平均PF】 2.31
【平均勝率】 63.7%
【期間損益】 11,322,675円(1,300㈱)

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. システムの使い方・運用の流れ

  2. 銘柄の選定は?

  3. それでも株は投資の王道

  4. システムの概要・理論

  5. システムのご提供について

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ノウハウ特集

銘柄パフォーマンス

  1. 【3402】東レ

    2020.12.27

運用システムについて

参加中ランキング

トレードシステムは、ここをクリック!↓
 

PAGE TOP

銘柄ピックアップ

【6762】TDK

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/7/28(水)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【9022】東海旅客鉄道

運用システムについて

システムの概要・理論